色々な種類の鮭がありますが、おすすめは秋鮭

秋になると、鮮魚を取り扱う店頭では生の秋鮭が売り出されます。
1年中いつでも食べられる塩鮭も好きですが、調理の幅が広い秋鮭はもっと好きです。
切り身を酒に漬けて生臭さを消してから、エノキと玉ネギ、そしてバターを乗せてアルミホイルで包んで焼いた鮭のホイル焼きは、私の大好物の1つです。

私はメスの鮭を丸々1尾買って来て、自分で捌いて調理するのですが、腹を開いた時にイクラが溢れ出てくる感動は、イクラ好きにはたまりません。
取り出したイクラは、昆布ダシ醤油に漬けて、ごはんにかけて食べるのが好きです。

身肉を味わいたいなら、オスの鮭がお薦めです。
メスはイクラに栄養をもっていかれてしまうので、身肉はオスより薄く淡白な味です。
オスの鮭からは白子(精巣)も取れ、それを一本のまま衣をつけてフライにすれば、クリーミーな舌触りで濃厚な味わいです。

鮭はオスメス違った楽しみ方ができます。
そんな訳で、毎年秋になると、スーパーの鮮魚売り場で生の秋鮭を探してしまいます。