今年の日和は暑かったりさぶかったり作物行なえがたい

自らは畑をしているのですが最近、動物の野菜のトラブルが周りの畑仲間に聞いてもひどいといいます。しかも今年は天候が5月なのに暑かったり、6月になったのにさぶかったりしたので野菜の出来がどうも腹黒い。玉ねぎは小さく玉になり、何となく大きくならないので抜いて換気の良いところに置いたのにあっという間に堕ちる。いつもなら再び夏場なすびが出来ているのですが、うちの周りの畑も見ても相当苗が大きくならない。唐黍は安全大きくなってきて来週には採れるなっと思ったら明日にアライグマが一粒残さず綺麗に食べて行ってしまいました。それを周りの畑仲間に言うと「まだ良かったやん、一粒残さず食べてくれて。それだけ美味しかったってことやわ。動物は美味しくなかったら食べ残すからな。」と言われ、楽しいような辛いような。動物も生きているので捕まえて食べて決めるかなんてことは思いませんが、今期一本まぶたの唐黍だけは食べさしてほしかった。でも次のは流暢な出来ているので楽しみです。