宝くじを当たって一攫千金をねらうというのは夢

宝くじを当たって一攫千金をねらうというのは夢があって素敵なことだと私は思います。
宝くじを購入しても当たる確率はどのくらいなのかを計算する方法は恐らくは私は中学のとき習った気がします。
そのときの授業で交通事故で怪我をする確率、何々の確率など確か確率は当時の教科書でものってはいなかったのですが、なぜか数学の先生がプリントを配って授業を数回行いました。
しかも、その数学の先生は「確率はテストには出さないけれど、すぐに役に立つから教える。」と言っていました。
その授業で印象的だったことは確率的に考えて宝くじで一等前後賞が当たることは天文学的確立だけれども、当たるんじゃないかと思って宝くじを買い続けることは人にとって必要なことかもしれないと数学の先生が言っていたことを今でも覚えています。
数学などは私立文系に行ってしまえば全く関係ないと思う人もいるかもしれませんが、確率や統計くらいはやっても損は無いと思います。フレシャス