宝くじを当たって一攫千金をねらうというのは夢

宝くじを当たって一攫千金をねらうというのは夢があって素敵なことだと私は思います。
宝くじを購入しても当たる確率はどのくらいなのかを計算する方法は恐らくは私は中学のとき習った気がします。
そのときの授業で交通事故で怪我をする確率、何々の確率など確か確率は当時の教科書でものってはいなかったのですが、なぜか数学の先生がプリントを配って授業を数回行いました。
しかも、その数学の先生は「確率はテストには出さないけれど、すぐに役に立つから教える。」と言っていました。
その授業で印象的だったことは確率的に考えて宝くじで一等前後賞が当たることは天文学的確立だけれども、当たるんじゃないかと思って宝くじを買い続けることは人にとって必要なことかもしれないと数学の先生が言っていたことを今でも覚えています。
数学などは私立文系に行ってしまえば全く関係ないと思う人もいるかもしれませんが、確率や統計くらいはやっても損は無いと思います。フレシャス

今週は水曜日が休みなのを知りませんでしたが、嬉しいです。

今週は水曜日が休みなのですね。
先日まで知りませんでした。
平日にお休みがあるととても嬉しいです。
普段は息子と二人でずっといますが、旦那さんがいてくれるとなるととてもありがたいです。
やっぱり二人っきりでいると、イライラしてしまうこともあれば、ストレスが溜まることもあります。
でも二人だったら少し緊張をほぐして肩の力を抜いてもいいような気がするので、旦那さんがいてくれるのがとてもありがたいのです。
週に2回は休日がありますが、さらにもう1日休みがあると本当に楽ができます。
お弁当を作らなくてもいいのもいいですし。
早起きしなくていいのも嬉しいです。
でも平日にお休みだと、普通に銀行とかも休みやのが少し辛いです。当然みんなお休みだから銀行や役所なんかも休みですよね。なのでできるだけ用事は明日や明々後日に済ますようにしなければいけませんね。
振り込みなど期日までにしておくように注意しようと思います。それにしても、水曜日はなんでお休みなのでしょうかね。低金利 即日融資

私立大学といえば私が中学生だった時には早稲田、慶応がツートップ

私立大学といえば私が中学生だった時には早稲田、慶応がツートップだといわれていました。
私はこれらの大学の就職実績など関係なく、兎に角メジャーな私立大学と言えば早稲田だと考えていました。
その当時は私が知っている大学は、考古学で有名な国学院、船を持っている東海大学、後は日大。それから親戚が通っている明治。それに早稲田、慶応、東大、京大、東京水産、それと地元の国立大学くらいしか知りませんでした。
私は高校受験をするときに高校のパンフレッドを見て、それらの大学に毎年合格者を出しているか見てみました。
高校によっては過去5年間の進学実績を書いてある高校もあったり、毎年の進学実績を書いてある高校もありました。今から考えると過去5年間の進学実績を書いてある高校はその高校のレベルは毎年の進学実績を書いてある高校に比べとそのレベルの差は歴然としたものがありました。
ただ、高校受験は中学の成績そのままという感じで受験して誰もが普通に合格していました。ミュゼ ひじ下

弟に会食を断られたので頑張って働くことにする

最近節約生活のおかげでお金が貯まって来てローンの支払いにも目途がついてきたので、久しぶりに弟と会食しようと誘ったら見事に断られてしまい悲しかったです。
理由を聞ける雰囲気じゃなかったので聞かなかったのですが、私も彼も余裕がある身の上ではないので、そんなことより頑張って余裕のある生活を営めるようになれという天からのお達しだととらえ、ビジネスに精を出すことにします。
そしてひと作業してからキッチンでいつもやっている保温ジャーに釜のご飯を移す作業をし、お湯を沸かしてコーヒーを淹れます。
一昨日はアイスコーヒーを淹れたのですが、昨日は気温が低かったのでホットにしました。
アイスコーヒーはまた暑くなってからにします。
それからスマホゲームと動画視聴をして休憩を過ごし、それを終えたらまた作業を始めました。
それは素粒子の入門書の内容をまとめる作業なのですが、最初読んだ時も思いましたがやはり小難しくて苦戦します。
少し読んでは休み、また少し読んでは休んでを繰り返して行くのでいた。http://www.fndg.co/card-hensai.html

暑い日が続きますが、代行バスの運転は続きます

このところ全国で猛暑が伝えられていますが、私の住む地方も暑い日が続いています。そういった中で、毎日、山陽本線の代行バスは走っています。色々な業者のバスがチャーターされていますが、バス停には多くの人がバスを待っている時間帯もあります。駅前には、無線機を持ったJRの職員の方が連絡を取りながら、バスの運行管理をしていますが、JRの発表では、復旧は秋になるとのことで、代行バスの運転もそれまで続けられるとのことでした。そういった状況ですので、一般の路線バスも混雑が酷い便があり、私も辟易しています。丁度代行バスが来ない時間帯であるなら尚更といったところですが、些か厳しい感じがしてなりません。昨日は、海水浴帰りと思われる子供が乗車していた様に見えましたが、こういったこともありますので、これから学校が夏休みになるとどうなるかと思います。私の家の近くを走るローカル線は、復旧に長期間かかるという分類に入るという発表はなかったものの、やはり復旧は秋にかかるとのことで、状況は厳しいことに変わりありません。また、復旧しても列車の本数を減らして運転するということが有り得ます。こちらは道路事情により、代行バスはありませんが、その分、民間のバス会社のバスが頼りになります。こういった時に、一服の清涼剤になっていると思われるのが、母の入所している特養老人ホームの納涼祭です。夜に行われるのですが、かき氷や綿菓子が無料なので、一寸行ってみようと思います。母の状態が落ち着いていれば良いのですが、こういった行事があるのは良い事ですので、期待しています。

色々な種類の鮭がありますが、おすすめは秋鮭

秋になると、鮮魚を取り扱う店頭では生の秋鮭が売り出されます。
1年中いつでも食べられる塩鮭も好きですが、調理の幅が広い秋鮭はもっと好きです。
切り身を酒に漬けて生臭さを消してから、エノキと玉ネギ、そしてバターを乗せてアルミホイルで包んで焼いた鮭のホイル焼きは、私の大好物の1つです。

私はメスの鮭を丸々1尾買って来て、自分で捌いて調理するのですが、腹を開いた時にイクラが溢れ出てくる感動は、イクラ好きにはたまりません。
取り出したイクラは、昆布ダシ醤油に漬けて、ごはんにかけて食べるのが好きです。

身肉を味わいたいなら、オスの鮭がお薦めです。
メスはイクラに栄養をもっていかれてしまうので、身肉はオスより薄く淡白な味です。
オスの鮭からは白子(精巣)も取れ、それを一本のまま衣をつけてフライにすれば、クリーミーな舌触りで濃厚な味わいです。

鮭はオスメス違った楽しみ方ができます。
そんな訳で、毎年秋になると、スーパーの鮮魚売り場で生の秋鮭を探してしまいます。

このペースでも毎日いった方とかわらないのかなぁ

1週間ぶりに発声練習のために稽古場を使いました。今回ははじめての稽古場2の鍵をお借りしました。防音のためにでしょうか。入り口の扉は固く分厚かったです。稽古場1の時はここまで頑固な扉ではなかったと思いながら5分格闘するも歯がたたなかったので諦めて受付のお姉さんにヘルプお願いしちゃいました。私より華奢な人でしたがなんだか複雑な気持ちになりながらも感謝です。いつもは9時から12時の三時間での 利用です。でも、勘違いで家を8時に出発したた

めに10時からの利用になりました。カラオケなら正解ですけどそれの2倍の距離なので本当は7時にでなければならなかったのですが、、、。
まぁ安いしいいかなと思いつつも2時間何しようと何の考えも無いことに気づいてしまった。結局軽い発声とセリフを読んだだけで収穫はなかったかな。早く意識改善して読む力をつけなくては。なんだか最近危ない橋を渡っている気がする。自分で軌道修正しなくてはなりませんな。色んな意味で落ち着け、自分。今日は感謝を忘れずに。レジーナクリニック メリット

年齢層が高い人向けだけど思い出のメロディーは最高です

NHKの思い出のメロディーという番組が毎年放送されているということを知りませんでした。
NHKと言えば紅白のイメージだったので。
しかしこの番組は紅白っぽい感じがしますね。
最後はサブちゃんの祭で締める所とか、会場に銀テープをバーンと飛ばしたりとか、お盆にやっていたけど年末を感じました(笑)。
この番組の内容は凄く良かったです。
私は火曜日に放送されているうたコンも好きなのですが、それ以上に良かったですね。
年齢層高い向けの番組という感じで、若者に人気のアーティストは出て来ない。
私は若い人に人気の歌手だらけの音楽番組が苦手なのです。
理由は分からないのですが、普段ロックを聴いているくせして心が落ち着かないのです。
でも思い出のメロディーは違っていて、良い懐かしい昭和の曲をたくさん聴かせてくれるのが嬉しいのです。
秀樹も良かったですし、「愛と死を見つめて」のテーマ曲なんて他の歌番組じゃ聴けないので聴けて嬉しかったです。銀座カラー キャンペーン

「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」、というのを見ました

「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」、というのを見ました。
“というのを”と言うのは、私は野球はあまり知らないからです。
調べてみるとこの大会は、東京オリンピックの強化を見据えて今年初めて開催される日本、韓国、台湾の3カ国で行われる若手主体の大会だと言うことでした。
どうりで知らない選手ばかりのはずです。
筒香さんや中田さんという、数少ない知っている選手がいないので、なぜだろう、とモヤモヤしながら見ていました。
日韓戦、というのも興味の対象になりました。
普段は21時〜22時くらいに寝るので、後半は辛いものがありました。
負けてるし、ムカつくし、もう寝てやる、と何度も思ってテレビに背を向けて目を閉じて、音だけ拾っていたりしました。
すると9回。
なんと同点に追いついたではありませんか。
延長タイブレークです。
タイブレーク程度は知っています。
これはもう見るしかありません。
という気になったのも束の間、表の攻撃で韓国に3点も取られるじゃないですか。
ムカつきながら諦め気分で見ているとなんとなんと、10回裏に4点取って逆転とか。
すごい瞬間を見てしまいました。
もう0時近かったけど起きてて良かったです。

大塚屋さんに生地を見に行ってきましたよ。

子どものピアニカケースが作りたくて、大塚屋さんに生地を見に行ってきました。
いつもは子どもを連れて行くのですが、主人が休みで子どもたちを見ていてくれると言うので、子どもと主人を公園に降ろして、一人で行けました。
生地屋さん、行くと時間がかかるしじっくり見たいので、一人で行けると最高です。

ワクワクしながら向かいました。
けれど、子どもたちのことが気になりあまりゆっくりもできなかったのですが。

ほしい生地をいくつか選び、友達にも頼まれたので、友達の分も見ました。
我が家は女の子、友達の子は男の子なので、いろんな生地を見ましたよ。
楽しかったです。

メインの生地が決まったら、その周りの生地や持ち手なども選びました。
組み合わせでガラッとかわるのでおもしろいです。

結局1時間ほど見たでしょうか。
購入するときに、後ろに並んでいた方が声を掛けてくださいました。
「かわいい生地、何を作られるのですか?」と。
「子どものピアニカケースを。たまにしかこれないのでまとめて買います」と言ったら、「私と一緒だ」と話してくださいました。

楽しい時間でした。